対象の取引の内容

| 未分類 |

クーリングオフ制度は、ある特定の契約に関して、説明不要で無条件の申し込みの撤回・契約解除を行うことのできる制度です。クーリングオフという言葉には、頭を冷やし考え直す、というような意味合いがあり、自宅への急な訪問勧誘などにより、深く考えずに契約してしまった場合などに、消費者を救済するために作られた制度です。その対象となるおもな取引としては、本文販売(訪問販売)や電話販売などが挙げられます。クーリングオフはその取引ごとに、クーリングオフ期間が異なります。
訪問販売は、消費者の自宅に訪れて商品のセールスを行う方法です。書面受領日から8日間はクーリングオフが受けられます。また、街中で呼び止めてセールスを行うキャッチセールスの場合も、同様に取引から8日間クーリングオフが受けられます。消費者の自宅へ電話をかけて商品のセールスを行う電話勧誘販売の場合も、書面受領日から8日間クーリングオフを受けられます。連鎖販売取引(いわゆるマルチ商法)の場合は、契約書面受領日から20日間、クーリングオフが受けられます。
一方、消費者が店舗へ出向いて契約した場合や、通信販売・ネット通販などの場合は、クーリングオフを受けることが出来ません。