対象外の取引の種類

| 未分類 |

物品や各種サービスなどを売買するような場面では、販売者と購入者が契約を行うことになりますが、その内、訪問販売や電話での勧誘、キャッチセールスなどを代表とした、一部の販売方法に関しては、特定商取引法というものが適用されることになり、その結果としてクーリングオフ制度を利用することができる場合があります。一般的に多い傾向として日常生活などで利用するような物品の多くが8日以内に限ってクーリングオフを適用させることが可能となり、販売方法や販売品目によっては、最大で20日まで認可されていることになります。しかし、対象外とされている項目もあるために、該当する方の場合では事前にクーリングオフ制度を十分に把握した上で契約することが望ましいことになります。例えば自動車などの物品の場合では、適用外に分類されており、携帯電話やプロバイダーなども該当しています。さらに営業上の契約に関しても除外されており、この点に関しては営業上の取引に相当することになり、個人間の取引とは別に捉える必要があります。各項目に関しては細分化されている内容を持っており、クーリングオフに該当するような物品であっても例外規定といものも存在していることによって、対象外とされてしまうケースもあるために、専門家に相談することも必要です。