クーリングオフしてみる!

| 未分類 |

クーリングオフは消費者を守るための仕組みです。割賦販売や訪問販売などの場合において決まった期間内ならば違約金を払うことなく返金を求められます。身近な新聞の契約なども当てはまる仕組みです。ちなみに期間は訪問販売などは八日間学習塾やパソコン教室などは二十日間の期間が定められています。
クーリングオフは書面にて行うべきです。またハガキでも行うことができますがきっちりと証拠を残したほうが良い場合などは内容証明郵便を使うことをおすすめします。内容証明郵便は同一内容のものを三種類作成する郵便の種類です。その三つは差出人そして郵便局そして受取人の三者が持つことになりしっかりと証拠を残すことができるのです。この郵便はクーリングオフなどをはじめとした催促などにも用いられるなど様々な用途に使用されている手段です。またこの郵便には様々な条件があり守る必要があります。まず縦書きの場合は一行に二十字以内一枚二十六行以内などあります。またお店などにも専用に作られた用紙がありますのでそれを使用してもよいでしょう。配達料金は普通の郵便料金に加えて四百三十円必要です。また保管してあるものは五年間閲覧できその閲覧のためには手数料がかかるのでご注意ください。