「クーリングオフ」とは、契約を締結した後に、一定期間であれば無条件で契約が解除できる制度です。
たとえば、訪問販売で突然自宅に訪問してきたり、電話での勧誘で、しっかりと考える時間もなくそのまま契約をさせられた場合に消費者がのちに冷静に考えたとき、契約しなければよかったと後悔にさいなまれることもあるでしょう。この不本意な契約を締結した際、クーリングオフ制度により、契約解除を行うことができます。
しかし、クーリングオフにも期限があるので、注意が必要です。訪問販売は8日間、電話での勧誘販売は8日間、エステサロンや語学教室、塾などは8日間、マルチ商法や内職などは20日間と、契約締結日、購入日よりの期間で定められているので、購入に失敗したと思えば、すぐに対応が必要です。
クーリングオフの方法は、契約を締結した日を含めて期限以内に、必ず書面で通知を行います。書面を記入後、コピーをして保管をし、相手側に必ず通知します。又、簡易書留にして送付することが重要です。
クーリングオフを利用するのが初めてで、自信の無い方は、各都道府県や市町村に設置されている消費者センターに相談して、手続きを行うことも視野に入れるとよいでしょう。